8月7日「オスプレイは飛行自粛でなく、普天間から全機撤退を」

resize4372.jpg

 台風5号の進路・影響を多くの皆さんが心配されている中、災害時にも、まともに使えない米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイがオーストラリア東部の洋上に墜落したことが報じられました。

 昨年12月の名護市安部沖に続いて2度目の米軍普天間飛行場所属のオスプレイ墜落事故です。

 名護市の墜落時には別のオスプレイが普天間飛行場で胴体着陸し、今年6月にも伊江島と奄美大島で不具合が生じて緊急着陸していた上での今回のオーストラリア東部での墜落事故です。

 これだけ頻繁に事故を起こすオスプレイは欠陥機と言ざるをえず、危険極まりない機体が沖縄に配備され、沖縄の上空を日常的に飛んでいるということです。

  防衛省は事故を受け、米軍に対して日本国内でのオスプレイの飛行自粛を求めているが、米軍は喉もと過ぎればで、充分に納得するような説明もなしに、飛行再開をするのは目に見えています。

 こんなことを繰り返しても、米軍のやりたい放題は変わらないのではないでしょうか。

 陸上自衛隊オスプレイの佐賀空港配備を防衛省から打診されている佐賀県は、これでも配備了承を撤回しないのか。また、北海道での日米共同訓練を行うのかと、怒りと抗議の声を大にしていかなければなりません。

 いずれにしても、オスプレイが沖縄上空をはじめ我が国の上空を飛ぶことは許されていいはすがありません。

 日本政府は飛行自粛ではなく、米軍に普天間駐留の24機全てを撤退させることを求めるべきだとの声を全国からあげていきましょう。


過去の墜落事例
▽2012年
 4月11日 モロッコでの演習中に墜落。乗員2人死亡、2人重傷
 6月13日 米フロリダ州で墜落。乗員5人が負傷
 7月9日 米ノースカロライナ州の空港に緊急着陸
 9月6日 米ノースカロライナ州の市街地に緊急着陸
▽15年
 5月18日 米ハワイ州オアフ島で着陸失敗。1人死亡。その後、さらに1人死亡
▽16年
 12月13日 沖縄本島の名護市沖に不時着し大破。乗員5人を救助、2人が負傷。普天間飛行場で別の1機が胴体着陸
▽17年
 6月6日 沖縄県伊江村の米軍伊江島補助飛行場に緊急着陸
 6月10日 鹿児島県の奄美空港に緊急着陸
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
FC2カウンター
最新記事
プロフィール

sigeo0716

Author:sigeo0716
高知県議会議員。所属会派「県民の会」。
社民党・新社会党推薦。現在、四期目。
「憲法の精神を県政のすみずみに-希望・豊かさ・安心の県政を」を目指して、頑張ります。
趣味はプロレスを中心に格闘技TV観戦。上方落語・漫才鑑賞。

QRコード
QR