11月15日「地域が日常に取り組むことが防災に『も』つながる」

resize4710.jpg
resize4711.jpg
resize4714.jpg

 下知地区での防災計画策定の取り組みも3年目の佳境に入り、ほぼ月一回強のペースで検討会を重ねたり、避難訓練や小学生との津波避難ビル巡りなども検討に反映させながら共助の取り組みとして地区防災計画策定に取り組んでいます。

 昨夜も、第2回津波・長期浸水・避難所部会検討会として、タイトな時間割でコミセン閉館間際までの日程ではありましたが、前回検討会の津波から逃げた後の津波避難ビルなどの避難施設の中で長期浸水期の孤立状況の中での困りごと、それをどうしのぐか、共助でできる取り組みなどのアイデア出しを行いました。

 一昨日は、地域の中にある障害者の共同作業所の皆さんの避難訓練のあり方について近隣防災会メンバーと協議したり、昨日は地域内の昭和小学校の訓練と地域がどう関わるのかを協議し、それに市地域防災推進課がしっかりと関わるという共助の取り組みを支援する公助との連携も積み重ねられています。

 下知地域減災連絡会が2012年10月発足して以来、丸5年、参加自主防災会も18単位防災会となりましたが、これまでの取り組みをより組織的に共助の力で「災害に『も』強いまちづくり」を目指してきたのが、地区防災計画づくりだと言えます。

 検討会や部会検討会、さらには防災講演会や訓練、単位防災会の取り組みや日常的な取り組みが続き、その間メンバーの皆さんは、お仕事やいろんな用事があって、時々出られなかったりする方もいますが、久しぶりの方や新しい顔もあったりすると嬉しい思いもします。

 目指すは「量の拡大と質の向上」で、共助の力を拡大していくための取り組みです。

 地域が日常に取り組んでいることこそが、いざというときに力を発揮できる地域につながるとの思いで、今後も粘り強く頑張りたいと思っています。

 年末に向けて、びっしりと「防災スケジュール」が入ってきました。

 小学生達との共同行動も入ってきますし、地域の防災訓練も地区防災計画と関連づけて行うこととなります。

 今後も地域の皆さんと協力しあって取り組んでいきたいと思います。今後も粘り強く頑張りたいと思っています。

11/27(月)14時~  すずめ共同作業所防災訓練   
11/28(火)14時半~ 昭和小6年生津波避難ビル巡り
11/29(水)18時~  「市長と語ろう会」
11/30(木)18時半~ 下知コミセン運営委防災部会
12/ 6(水)18時半~ 第11回地区防災計画検討会
                 「津波・長期浸水対策、避難所開設・運営について」
12/ 8(金)13時45分 昭和小学校防災訓練
                 周辺自主防災会のご参加を
12/17(日) 6時~   若松町防災会 避難訓練
         10時~  下知地区総合防災訓練打合せ
         13時~  避難訓練
12/26 (火)18時30分下知地区防災計画第2回避難所対策部会検討会
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
FC2カウンター
最新記事
プロフィール

sigeo0716

Author:sigeo0716
高知県議会議員。所属会派「県民の会」。
社民党・新社会党推薦。現在、四期目。
「憲法の精神を県政のすみずみに-希望・豊かさ・安心の県政を」を目指して、頑張ります。
趣味はプロレスを中心に格闘技TV観戦。上方落語・漫才鑑賞。

QRコード
QR