FC2ブログ

7月19日「自然災害を避けられないこの国で、命だけは守ろう」

resize0179_20180719090140fed.jpg
resize0233_201807190858300b4.jpg
resize0151_20180719085908ba2.jpg

  昨日は、大阪北部地震から一ヶ月。

 その間に、西日本豪雨災害で、平成の豪雨災害では最大の犠牲者を出すこととなりました。

 復旧支援に駆けつけた方たちも含めて、豪雨の後の真夏日・猛暑日の連続による熱中症。

 いずれもかけがえのない命を奪われています。

 これからも秋に向かって、さらなる豪雨や台風襲来もあるかもしれません。

 そして、一時的に過ごしやすい秋が過ぎれば、北日本での豪雪災害が待ち受けているかもしれません。

 自然災害が、毎年この国を繰り返し襲ってくることを歴史が証明しています。

 そのたびに、あらゆる教訓を学んだはずなのに、「想定外」という言葉で、甚大な被害が繰り返されています。

 そんな矢先、本県出身の福井沖縄北方担当相は「堤防、ダムを中途半端に造った。」などと述べているが、そんないいかげんな自民党公共工事に頼ることなく、「命を守る備え」「命を守る避難行動」「命をつなぐ避難・救援体制」「生活を取り戻す支援活動」を真剣に学び、実践にこだわることに注力していきたいものです。

 公助は、日常から、そのような自助・共助を支援しておくことが必要なのではなかろうかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
FC2カウンター
最新記事
プロフィール

sigeo0716

Author:sigeo0716
高知県議会議員。所属会派「県民の会」。
社民党・新社会党推薦。現在、四期目。
「憲法の精神を県政のすみずみに-希望・豊かさ・安心の県政を」を目指して、頑張ります。
趣味はプロレスを中心に格闘技TV観戦。上方落語・漫才鑑賞。

QRコード
QR