FC2ブログ

7月31日「高知市教育長辞任で防災対策の信頼回復が図られるのか」

resize10302.jpg

 今朝の高知新聞にもあるように、高知市幹部職員の災害時の競馬観戦旅行に対する市議会からの厳しい指摘や市民の怒りの声が上がっていることからか、幡多地域に豪雨災害の被害状況調査に向かっていたところに、教育長辞任の報が入りました。

 今夕、高知市長が緊急記者会見を開催し、多くの高知市民の信頼を損ねることとなった西日本豪雨災害中に、災害対策本部で重要な決定を行うメンバーでありながら総務部長らとともに、競馬観戦などのため北海道旅行をしていたことで、31日付けで教育長が辞職したことを発表しました。

 横田教育長から「不適切な行動で自覚を欠いていた」などとして30日に辞表の提出があったとのことだが、最初は高知新聞の取材に対し、「(旅行期間中は)学校も休みで行事もない。用意周到に必要な指示を出し、態勢を敷いていたので(私が不在でも)特に支障はなかった。道義的な責任も生じない」と開き直っていたのだが、さすがにもたないと思ったのでしょうか。

 また、弘瀬総務部長など今回、旅行に行っていたほかのメンバーについても処分が検討されているほか、監督責任などとして、岡崎市長と吉岡副市長についても、9月定例会で自らの処分を行う方針だそうです。

 岡崎市長は「普段から多くの市民が災害対策に取り組む中、非常に緊張感を欠く行動で、多くの市民の信頼を損ねたことを深くお詫びし、再発防止を徹底したい」と陳謝したそうですが、本当に真剣に信頼回復に努めなければ、高知市の公助と自助・共助の連携を強めることが難しくなると心配されます。

 その真剣さをまずは、8月2日の高知市防災会議で見極めるために傍聴に行ってきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
FC2カウンター
最新記事
プロフィール

sigeo0716

Author:sigeo0716
高知県議会議員。所属会派「県民の会」。
社民党・新社会党推薦。現在、四期目。
「憲法の精神を県政のすみずみに-希望・豊かさ・安心の県政を」を目指して、頑張ります。
趣味はプロレスを中心に格闘技TV観戦。上方落語・漫才鑑賞。

QRコード
QR