FC2ブログ

9月4日「9月定例会の補正予算は豪雨復旧を柱に」

resize0427.jpg
 今朝の高知新聞の記事にもあるように、高知県は昨日、県議会9月定例会に提出する2018年度一般会計補正予算案が270億円程度になる見込みであることを明らかにし、会派への概要説明がありました。

 過去の9月補正で比較すると、リーマン・ショック後の政府の経済対策に呼応した09年度の211.7億円を超える大型補正となりますが、そのうち240億程度が7月の西日本豪雨の災害復旧関連費となっております。

 公共施設の復旧箇所は、県が管理する道路約130カ所、河川の堤防や護岸約260カ所など。農道や林道復旧に向けた市町村補助を強化し、中山間地域の生活用水供給施設の復旧も手当てすることとしており、経済被害対策として、ユズなどの果樹の植え替えや高性能林業機械の再導入に対応することと、観光業への風評被害に対して、宿泊料金を一部支援する緊急誘客対策を行うこととなっています。

 なお、漁業関係の被害は共済給付金で対応するそうで、補正対応の必要はないとのことです。

 また、被災者の生活再建にあたっては、平成30年7月豪雨災害被災者生活再建支援法施行令第1条第6号により、被災者生活再建支援法の対象となった大月町、香南市及び宿毛市以外の全壊1戸の本山町、安芸市、檮原町においては、県単で支援を行うこととしています。

 今後は、さらに突発的な豪雨に備えるため、通年で豪雨対策に取り組む体制の整備を行うことも、定例会には提案できるよう検討されているとのことです。

 他にも、新規就航するLCC路線の利用促進などをはじろとした観光振興の展開や地産外商の政策群のさらなる強化をはかることとなっています。

 ただ、補正予算議案などではありませんが、県立大学の図書の焼却処分や障害者雇用率の水増し報告問題なども県民の信頼を取り戻すような対応が求められる議論も行われることになると思います。

 下記の県政意見交換会での意見交換をもとに、10月2日の質問に臨みたいと思います。

第67回県政意見交換会
 9月16日(日)16時~ 
 下知コミュニティセンター 4階多目的ホール

第68回県政意見交換会
 9月18日(火)18時~ 
 高知共済会館3階藤の間
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
FC2カウンター
最新記事
プロフィール

sigeo0716

Author:sigeo0716
高知県議会議員。所属会派「県民の会」。
社民党・新社会党推薦。現在、四期目。
「憲法の精神を県政のすみずみに-希望・豊かさ・安心の県政を」を目指して、頑張ります。
趣味はプロレスを中心に格闘技TV観戦。上方落語・漫才鑑賞。

QRコード
QR