FC2ブログ

9月17日「第67回意見交換会で頂いた貴重なご御意見踏まえて」

resize10453.jpg

 連休の中日の夕方という時間帯にもかかわらず、昨日は、20人を超す皆様に、第67回県政意見交換会にご参加頂きました。

 9月定例会の補正予算説明や議論となるであろう課題について説明させて頂くとともに、10月2日の質問で取り上げたい課題である①南海トラフ地震対策について②会計年度任用職員制度について③障害者雇用について④生きづらさを生きやすい環境にすることなどについて、提起させて頂きました。

 意見交換では、お二人の方から、次のような5点にわたっての御意見を頂きました。
①21号台風、北海道地震に見られる大停電を繰り返さないために、再生可能エネルギーでまかなう高知県として打ち出すべきではないか、そうすれば賛同する企業も高知に誘致できるのではないか。
②仮設住宅が不足している状況をどのように解消しようとしているのか、県の姿勢が一向に見えない。
③はりまや町一宮線の工事再開をせず、そこに充てる県の財源は南海トラフ地震対策に充てよ。
④四国新幹線整備を求める声があるが、必要なのか。
⑤同意を求める形の「避難行動要支援者名簿」のあり方では、助けるべき命は助けられない。個人情報保護より命が優先するのだから、拒否しない限り名簿に登載して、共有すべきではないか。

 以上の質問に対して、私の方からは
①昨年の9月定例会での質問でも、再生可能エネルギーによる地産地消の電力供給システムを求めてきたが、今後も求め続ける。
②今回の質問に取り入れる予定である。
③基本的には、求める姿勢だが、私は反対したが、議会が設計予算を議決した以上、その後の進め方の中でも、求めていきたい。
④私は、四国の中央構造線や南海トラフ地震、豪雨などの災害リスクや在来線の維持存続との関係で考えたら、整備は望ましいとは考えていない。
⑤基本的には、今同意を取り付ける形で、避難行動要支援者名簿が整備されているのが県下の自治体の状況なので、それで取り組みが急がれている。しかし、指摘されるように、ある自治体(新潟県三条市)では、「不同意の意思表示があった者以外は、原則として災害時要援護者名簿に登載する『逆手上げ方式』による」としていることについても紹介させて頂きました。

 いずれにしても、貴重な御意見で、今後の取り組みや質問の中で反映させていきたいと思っています。

 最後まで、お付き合い頂いた皆様に感謝申し上げます。

次回は、明日18日(火)18時から共済会館で開催しますので、ぜひ、お越し下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
FC2カウンター
最新記事
プロフィール

sigeo0716

Author:sigeo0716
高知県議会議員。所属会派「県民の会」。
社民党・新社会党推薦。現在、四期目。
「憲法の精神を県政のすみずみに-希望・豊かさ・安心の県政を」を目指して、頑張ります。
趣味はプロレスを中心に格闘技TV観戦。上方落語・漫才鑑賞。

QRコード
QR