FC2ブログ

4月12日「桜田辞任で安倍の任命責任は鮮明に」

resize1148_20190412120701674.jpg
 誰もが、遅すぎたぐらいに感じているであろう桜田五輪相が辞任に追い込まれました。

 昨年10月の就任当初から、閣僚としての資質を疑わせる言動を繰り返していたが、ことここに至っては、単なる言い間違いではなく、怒りすら感じる発言でした。

 東日本大震災の被災地、岩手県出身の自民党衆院議員のパーティーで、「おもてなしの心を持って、復興を協力していただければありがたい。そして復興以上に大事なのは高橋さんだ」として、支援を呼びかけたのです。

 しかも、その前段で、桜田氏は2月、競泳の池江選手が白血病を公表した際に「がっかりしている」と、感想を述べ、池江選手への気遣いより、メダルや国威発揚を重視するかのような発言に、厳しい批判が集まっていたにもかかわらず、パーティーでは聴衆に向けて「(乾杯前のあいさつが続き)がっかりしているんじゃないのか。『がっかり』という言葉は禁句なんですけど」と冗談めかして喋っていることなどからも、この人には政治家としての資質どころか、人権感覚も欠如している方なのかと思わざるをえませんでした。

 五輪相に就任して4カ月たつのに、五輪憲章を読んでいなかったり、サイバーセキュリティー担当でもあるのに、パソコンを使ったことがない上に、「答弁書を間違いのないように読むことが最大の仕事」と述べたこともあるなど、常にその資質を疑われる発言をするたびに、「適任」だと言ってかばい続けてきた安倍首相の任命責任は、より鮮明になり、今まで以上に追及されるべきではな
いでしょうか。

 総裁選での論功行賞人事や「忖度」閣僚に囲まれて、国民のためより、自らに権限を集中させることに腐心する安倍首相を退任に追い込む批判の世論が、もっと沸き起こり、統一自治体選後半の結果で、私たちが支援する反自民の候補者の圧倒的勝利を勝ち取りたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
FC2カウンター
最新記事
プロフィール

sigeo0716

Author:sigeo0716
高知県議会議員。所属会派「県民の会」。
社民党・新社会党推薦。現在、四期目。
「憲法の精神を県政のすみずみに-希望・豊かさ・安心の県政を」を目指して、頑張ります。
趣味はプロレスを中心に格闘技TV観戦。上方落語・漫才鑑賞。

QRコード
QR