FC2ブログ

4月16日「熊本地震から3年」

resize1157_20190417074432916.jpg

 熊本地震から3年目。

 3年前に本震があった16日の今日、阿蘇山が噴火しました。

 また、大きな動きがとも心配されます。

 仮設住宅などの仮住まいで暮らす人はピーク時の4割を切ったが、いまなお約1万6500人(約7300世帯)います。

 うち熊本県内では65歳以上のみの世帯が34%を占めており、県は今年度中の仮設住宅解消をめざしているが、経済的な理由などで460世帯が住まいを確保する見通しが立っていないと言います。

 県の拙速な復興施策によって、被災者の人らしく生きる権利を奪わないで欲しいと願うばかりです。

 震度7を2度観測した熊本地震での犠牲者は、この1年での災害関連死の6人も含めて、熊本・大分両県で273人となりました。

 この中には、直接死50人も含まれますが、4倍を超える関連死の多さなど、避難所、避難生活のあり方などについて改めて考えさせられた災害でした。

 こんな時期に、闘われる高知市議会議員選挙もおのずと南海トラフ地震に備える災害対策について言及されることが多くなります。

 私も、連携する市議候補の応援演説の中で、災害への備えは、日常の生きやすいまち、行政の支援策があってこそ、災害が大きくなりやすい「脆弱点」の克服に繋がることを訴えながら候補者との連携を強めています。

 皆さん、熊本地震から3年、災害への備えと日常のまちづくりについて、ともに考えていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
FC2カウンター
最新記事
プロフィール

sigeo0716

Author:sigeo0716
高知県議会議員。所属会派「県民の会」。
社民党・新社会党推薦。現在、四期目。
「憲法の精神を県政のすみずみに-希望・豊かさ・安心の県政を」を目指して、頑張ります。
趣味はプロレスを中心に格闘技TV観戦。上方落語・漫才鑑賞。

QRコード
QR