FC2ブログ

4月23日「何とかしたいと思う若者はいる」

resize1175.jpg
resize1176.jpg
resize1177_2019042309273682f.jpg

 2017年、議員のなり手不足から議会の廃止、町村総会の検討まで踏み込んだ大川村での村議選は、今回8年ぶりの選挙戦となりました。

 その選挙戦について、報道も多くありますが、私にとっては、意外に身近な方が立候補され、関心を持って見守らせて頂きましたが、その方は定数6人中51票で3位当選を果たされました。

 彼のことについては、今朝の朝日新聞が、「『潜在的には議員になりたいという思いを持った人はたくさんいる』。無所属新顔で立候補した竹島正起さん(34)も6年前、高知市から移住してきた。もともとは同じ移住者の和田さんを応援するつもりでいた。だが、同じ地区に暮らす村議会副議長が今期で引退を決意し、後継になるよう熱心に誘われた。51票を獲得して初当選した。『移住して6年目の自分でも、地域の人が押し出してくれた。自分を見てほかの人も立候補を考えてくれたら』と話した。」と記事にしてくれていました。

 私の選挙戦の最中に、立候補を予定していると挨拶に来てくれました。

 大川村に移住する前、地域の防災活動に関心を寄せ、参加し始めてくれていたし、私が理事をしている県自治研センターのセミナーなどにもよく参加頂き、その姿勢に期待をしていたことでした。 そして、大川村に移住して久しぶりにお会いしたら、選挙への立候補。

 驚きはしましたが、その真摯な姿勢は、村民の方々が評価して頂けるだろうと思っていたら、3位当選との報に、喜ばしい限りです。

 本人が訴えてきた「村民との対話を積み重ねることができる議員になります」ということを、しっかりと積み重ねて、日本で一番小さな村が、日本で一番輝く大川村になるよう頑張ってもらいたいものです。

 私も、しっかりと応援させて頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
FC2カウンター
最新記事
プロフィール

sigeo0716

Author:sigeo0716
高知県議会議員。所属会派「県民の会」。
社民党・新社会党推薦。現在、四期目。
「憲法の精神を県政のすみずみに-希望・豊かさ・安心の県政を」を目指して、頑張ります。
趣味はプロレスを中心に格闘技TV観戦。上方落語・漫才鑑賞。

QRコード
QR